障壁を取り除く重要な役目を担う

バリアフリーという言葉は今や日常的に使用されており、お年寄りだけでなく小さな子どもや赤ちゃんにとっても非常にありがたいものです。

そもそもバリアフリーというのは建築用語で、バリア(障壁)をフリー(取り除く)という意味です。

現在では高齢者や障がい者が安全で使用しやすい設備や住宅といった意味合いを指すことが多いのですが、本来は障壁やじゃまな物をなくして生活をしやすくする状態を意味していたのです。

しかし、障壁や障害物が日常生活においてじゃまになるのは高齢者や障がい者、子どもといった「弱者」であることから、そういった人たちに優しい設備や建物がバリアフリーといわれるようになってきたのです。

特に高齢化社会が進むこれからは、お年寄りが快適に生活できる場所を作ることが大切となります。

若い人や健常者にとっては何ということもない段差、たとえそれがわずか1センチの高さでも高齢者や障がい者にとっては障壁となり得るのです。

もしそれらにつまづいたりすると、大きな事故にもつながりかねません。

高齢者の場合、それが原因で骨折してそのまま寝たきりになってしまうケースも少なくないのです。

また、今はバリアフリーなど必要ないという若い人でも、やがて年を取ってくると必要に駆られることもあるはずです。

快適な生活を送るための必要な環境

最近では、新築住宅のほとんどでバリアフリーの設備が設置されています。

しかし、今住んでいる家にはバリアフリーの設備はないのでリフォームを考えているという人もいることでしょう。

その中には、バリアフリーにしたいけれども費用が掛かるので迷っているという人もいるに違いありません。

それなら公的機関からの補助を受けることを考えてみてはいかがでしょうか。

一定の条件を満たすことでいくらかの援助金が貰えるケースもあるのです。

みんなが快適な暮らしを送るためにも、バリアフリーリフォームを考えてみませんか。