転ばぬ先の杖に辿り着くバリアフリー社会

若い人や健康な人にとっては何でもないちょっとした段差でも、お年寄りや子ども、障がい者にとっては大きな段差となってしまいます。

それにつまづいて転んで大怪我を負ったり、お年寄りならそれが原因で寝たきりになってしまうことも珍しくありません。

以前はバリアフリーというと公共の場への設置という感覚でしたが、最近ではありとあらゆる場所がバリアフリー化されているのは好ましいことです。

高齢化社会の広がりとともに、家の中でもバリアフリー化が求められるようになってきました。

自宅でもバリアフリーな生活

とはいえそれに掛かる費用は少なくなく、実施しようにも資金面でなかなか取り掛かれないという人も少なくありませんでした。

けれども住宅エコポイントが登場したおかげで、浴室や脱衣所、トイレ、階段に手すりをつけたり敷居をフラットにするなどの自宅のバリアフリーを実施したケースがたくさんありました。

残念ながら住宅エコポイントはすぐに終了してしまいましたが、この後も自費でこれらの設備や設置を行なう人が増えています。

今ではバリアフリーはもはや特別なことではなくなっているのです。