バリアフリーは弱いお年寄りや高齢者の味方です

高齢者に有意義に動いてもらう設備

バリアフリーという言葉が聞かれるようになって、もうかなり長くなります。

今やバリアフリーは高齢者社会になくてはならないものとなり、多くの場所で使われています。

公共の場所でもたくさん導入されていますし、個人の家でも設置・設備が進んでいます。

新築住宅ならば、建築の段階でバリアフリーが取り入れられているのが普通となっているほどです。

敷居などの段差がないので足を引っ掛けて転倒することが少なかったり、車椅子で家の中を移動する場合にも不自由を感じません。

また階段はもちろん、風呂やトイレなどあらゆる場所に手すりを備え付けてあるのも移動を楽にしてくれます。

子どもにも大人にも優しい環境

バリアフリーは小さな子どもにも安心です。

さらに、今は段差が気にならなかったり手すりを使う必要のない人でも怪我をしたときなどは非常に便利に感じるはずですし、将来年を取るとそういった設備も必要になってくることもあるでしょう。

つまり、バリアフリーは決して高齢者だけのものではなく住む人すべてにやさしい設備なのです。

お年寄りの身になって考えてみて

子どもは少々転んだりしても平気ですし却って元気な証拠と笑っていられますが、お年寄りはそうはいきません。

転んで骨折したりすると、そのまま寝たきりになってしまう人も少なくないのです。

また、寝たきりのお年寄りは認知症になる確率も高くなり、さらには寿命を縮めることにもなりかねません。

若い人や健康な人は年を取って身体の動きの衰えた状態を実感することは難しいのですが、それを体験する方法があります。

関節部分に分厚いサポーターを巻き付けたり手足に重りをつけたりすることで、お年寄りの身体を疑似体験できます。

この状態で動いてみると、普段は何とも思わないありとあらゆる場所が非常に動きづらく危険であるということが実感できるはずです。

みんなが快適に暮らせる場所を提供する

このように我々が何気なく行動できるところが、お年寄りには非常に動きにくい場所である場合もたくさんあるのです。

特に階段や床の段差などは、危険な部分といえます。

バリアフリーは、決してお年寄りためだけではありません。

小さな子どもや怪我人、車椅子の必要な人たちにも大切なです。

人が快適な生活を送るために必要な設備、それがバリアフリーなのです。